So-net無料ブログ作成
左脳型速読術で難関試験も突破 ブログトップ

試験やビジネスにも役立つ 左脳型速読術 [左脳型速読術で難関試験も突破]

松平勝男の【試験に役立つ左脳型速読術】は、
受験、ビジネスシーン、さらには
英語の速読にも具体的に対応する速読法


sanou12.jpg



速読は天才だけが習得できる特殊な能力ではない!

右利きが多い日本人には
右脳型速読術の習得は極めて難しいといわれています。

「それなら左脳を使って記憶術を習得すればいい!」
と言うのが松平式左脳速読術。



左脳型速読術は、
誰にでも習得できて
「内容をすばやく把握し、インプットすること」
をある方法を使って効果的にトレーニングしていきます。


「試験に役立つ左脳型速読術」は
ごく普通のビジネスマンや学生でも
身につけられる速読スキルです。

1分間に112万文字の速読ができるようになる
「試験に役立つ左脳型速読術」です。


松平式速読術のポイントは

無理なスピードを追い求めるような訓練は必要ない
英文の速読も可能
試験だけではなくビジネス面でも役立てる内容

単に読む速さを上げるだけでなく
理解するスピードを上げることができる速読術なのです。


【試験に役立つ左脳型速読術】!詳細はコチラ



「試験に役立つ左脳型速読術」を
公表された松平勝男さんは
毎朝喫茶店でコーヒーを飲む1時間の間に
なんとA新聞、Y新聞、M新聞、日本K新聞の
四誌に目を通した上で新書を一冊読みます。


松平勝男さんのプロフィール

■学歴■
東京大学法学部(法学士)
東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士)

■経歴■
大学生時代に株式会社言語システム研究所にて
英辞典の作成補助

デジタイズドインフォメーション株式会社にて
商業広告の和文英訳・英文和訳の補助

語学力を生かしての議場通訳等を経験。

大学院時代にいくつかの名門学習塾・予備校で
指導の中で東大、慶応、早稲田、
上智など 有名大学への合格者を多数輩出、
模擬試験の作成・テキスト編集に携わる。

某社システム部門にてのシステム開発・特許申請、
某社国際事業部門にて海外提携
英文法務、某社法務部門、某社知財部門を経て、
現在、某上場企業経営企画室に勤務の傍ら
外国語の比較学習法をはじめとする
効率的な学習方法の開発と、
比較法研究をライフワークとしている。

■取得資格等■
法学士、法学修士、システムアナリスト、
プロジェクトマネージャ、システム監査
技術者、個人情報保護士、国連英検A級、
エスペラント語検定、数学能力検定D級
(最上級・大学教養水準)、
日本史能力検定1級、世界史能力検定1級、
Javaプログラミング能力検定、
C言語プログラミング能力検定 ほか 多数。




一般的に知られている速読術は右脳型速読術です。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触角の五感を司る
右脳を鍛える、写真記憶方法は
習得出来れば驚異的な技術ですが、
実際に習得できる能力を持つ日本人は少ないのが現実です。



一方、左脳型速読術は文字や言語、
論理的な思考を司る左脳の能力を鍛える方法です。

受験、試験、ビジネスで扱われる論理的な文章を

ある流れに沿って脳内で処理して

内容をすばやく把握し、インプットする速読法です。


左脳型速読術とは
松平さんが天才だから習得できる特殊な能力なんでしょうか?

こちらを読めば自分も左脳型速読術を身につけられる
という自信を持つことができます。


日本語と英語のインプット効率を極限まで高め、
受験・試験・ビジネスシーンなど様々なシーンで
有効活用できるのが松平勝男さんの速読術最大の特徴。


松平式速読術は、自身が東大受験の際、
独自に編み出した効率のいい速読の仕方で、
言語、計算、論理的な思考を司る左脳を使い、
1日1時間のスキマ学習で解読スピードを10倍上げる
左脳型速読術です。


【試験に役立つ左脳型速読術】!詳細はコチラ



文字情報の取得スピードを上げる訓練をしていく
松平勝男先生の「試験に役立つ左脳型速読術」は、
「受験や資格試験を突破したい…。」
「外国語の習得したい…。」
そんな受験生やスキルアップしたい方に
おすすめの速読術教材です。


左脳型速読術は、英文の速読も可能です。

その理由は、
日本語の速読法に隠されているのですが、
高い語彙力や構文力を持ち合わせていなくても、
英語を英語の語順のまますばやく読めるようになり、
理解力が上がります。


学校などの授業では、文法や英語から
日本語へ訳読することばかり教えられるため、
多くの人が文法や構文ばかりが気になって
英文を読むのに時間がかかってしまい、
英語を英語のまま理解する力が
身についていないのが現実です。

英文の速読では、まずは単語帳を丸暗記して
文法と構文を理解して・・・など、

速読法を実践する前に英語の予備知識を
身につけることに 時間がかかる・・・
ということを懸念されることでしょう。

しかし、その予備知識を身につけるための時間は、
「たった1週間」だとしたらどうでしょうか?

そうです、
わずか1週間の学習で高校文法の全体像を学び、
速読術を活用出来るレベルの知識が身につくのです。

ですから英語力に自信がないという方でも、
安心して取り組んでいただける内容になっています。

この左脳型速読術では
英文を速読できるようになることで、
『試験・資格』・『ビジネスシーン』
の中で活かすだけではなく、
英文の読解力と併せて高い語彙力や構文力を
自然と身につけることが可能になります。


【試験に役立つ左脳型速読術】!詳細はコチラ




【試験に役立つ左脳型速読術】は
驚いている方もいらっしゃるかもしれませんが、
英文の速読スピードを上げていくために
まずは「音読」していくのが、
この左脳型速読術の大きなポイントとなるでしょう。

一定の分量以上の英文を速読するとなると、
単純に英語のスキルが求められるようになります。



しかし英語力に自信がない、もっと英語の知識を
身につけたいと思っている方が多いはずです。

そこでいきなり「黙読せよ」と言われても、
これが障害となってなかなか上達しない理由に
繋がりますし、そもそも訓練の意味が
なくなってしまいます。


ですから、英語のスキルを上げるのと同時に、
速読スピードを向上させるためにまずは
「音読」をしていただきます。


この方法は意外なことに
読む力をアップさせるだけではなく、
会話で少し堅い内容のことを英語で
話すときにも役立ちますので、

躊躇せずにどんどん音読しながら読
んでいってみてください。

実際に英語力に自信がないと言っていた方が、
こんな体験談を送ってくださいました。
初めての速読
千葉県 寺崎さん(36歳 会社員)

以前から脳トレにハマっていた私ですが、
その流れで速読術にも興味を持ち、
英語の速読にも対応しているという事で
松平先生の速読術を実践する事にしました。

まずは日本語からやってみようと思い、毎朝の日課である朝刊を
速読してみました。 挑戦前は気になる記事があったりすると全面を読むのに
30分以上かかっていたのですが、 初挑戦時は20分で読み終えました。

「まずまずかな?」と思いつつ、毎日挑戦して今では1面を3分以内に
読めるようになり、 朝もゆっくりと過ごせるようになりました。

次に英語ですが
オバマ大統領の就任演説の速読に挑戦しました。

挑戦前は1分間で121単語、
初挑戦時は1分間で168単語まで読めました!

英語力に自信がなかったため、音読しながら出来るという所が
とても助かりました。 余計な事を考えなくていいという部分が、気持ちに
余裕を持たせてくれると思います。

今は読めるスピードももっと速くなり、
他のテキストの例文も1分以内に読めます。

まさか自分がこんなにスラスラと英語を読めるようになるなんて驚きです。

短時間で濃い勉強ができるので、これからも訓練を続けてスキルアップに
繋げていこうと思います。

大変満足しております、ありがとうございました。

たった1回実践しただけでも速読スピードが上がっているのを
実感できたようです。

さらに2回目の体験では、英文が168単語から244単語まで上がったと
喜びの声を聞かせてくださいました。

他にもたくさんの方から体験談が寄せられていますので、
ここでご紹介させていただきます。
時間が足りなくて解けなかった問題も時間が余るくらいに。
北海道 田幡さん(21歳 学生)

周りと比べると本や問題を読むのも遅く、
理解力が劣っている自分に嫌気がさしていました。

テストでも時間が足りなくて全問解けなかったりしたので、
当然点数も思うように取れず・・・。

よく雑誌などに載っている速読術も試してはみたのですが、
劇的な変化は感じられませんでした。

ですが、松平さんの速読法を友人に勧められてやってみたところ、実践前は
1分間に500文字弱だったのが、実践後は10倍の5000文字になったんです!

短期間の訓練だったので、まさかこんなに違いが出るとは
思ってなかったのですが、訓練を続けていくにつれ、
どんどんスピードが上がっていっています。

テストも今まででは考えられないくらい早く終わってしまって、
最初は戸惑ってしまうくらいでした。

これからはこのスキルを活かして色々なことに挑戦していこうと思います!

記憶力に自信が持てるように。息子も実践中です。
奈良県 盛岡さん(57歳 会社員)

仕事柄、英語以外にも中国語や韓国語のスキルが
求められる職場に勤めております。

英語もある程度は話せるのですが、年齢のせいもあるのでしょうか。

必死に覚えた単語なども使わずにいると
すぐに忘れてしまって、肝心な時に
言葉に詰まってしまう事が多かったのです。

このマニュアルでは日本語、英語どちらとも速読出来るようになる事から
選んだのですが、時間を有効活用出来るようになり、覚えた事を忘れにくく
なったと効果を実感しています。

高校受験にも役立つノウハウも書かれていたので、
最近では息子にも実践させています。

私自身の変化を家族もすぐに気付いてくれたので、
興味津々で自ら進んで取り組んでいるようです。

毎月10冊以上ためていた本を、3日で読み終えることができました。
千葉県 中橋さん(38歳 会社員)

ビジネスの新しいアイディアを出していくため、
毎月参考になりそうな本や雑誌を買い溜めしていたのですが、
毎日の忙しさから結局なかなか読めずにいました。

少しでも早く読めるようになるなら・・・と、この速読法を試してみたところ、
1日で溜まりに溜まっていた本があっという間に3冊の読破。

全部2~300ページあるような本だったので、本当に驚きです。

それ以外でも会社の資料などもさらっと読めるようになり、
効率よく仕事をこなせるようになりました。

しかも単に読むのではなく、しっかりと知識や内容をインプットできているので、
スキルアップできたという実感があります。

今では通勤時間を使って、
毎日1冊ずつ、休日には3~5冊ほど読んでいます。

本当にありがとうございました。

【試験に役立つ左脳型速読術】!詳細はコチラ



【試験に役立つ左脳型速読術】の内容

速く読むだけではなく、
知識をしっかりと脳にインプットさせる「左脳型速読術」の内容とは?

「イメージ化もしない、音読をしろってどういうことだ・・・?」
「一体どんなことをするんだろう・・・?」


体験談を見て、ますます疑問に
思われていることでしょう。

それでは当マニュアルで
あなたが学べる内容をご覧ください。

きっとあなたが知っている速読術の違いに
驚かれることでしょう。

かんたん“左脳型速読術”の仕組みとは?

「速読法」といえば一般的には、イメージとしてページを頭の中に焼き付ける
といった右脳型のものと認識している人が多いと思いますが、そのスキルを
身につけられた人は実際にはあまり存在しません。

当マニュアルでは
ある技術論に基づいた「左脳型速読法」となり、
分かり易い技術論を参考に考案されているので、
一部の人しか身につけることが
出来ないといったことはありません。

その理由、そして方法をすべて公開いたします。

“日本人”としての常識力が速読力アップのカギ!

法律関係や語学系などの
専門知識を必要とする勉強では、ある程度の知識が
あった方が本なども読みやすいと思いますが、
速読力をさらに上げるためには
私たちが日ごろから触れているものを利用して
訓練していく方法があります。

文章の理解力も身に付くので、
まずはこの方法からお試しください。


1時間で4誌の新聞、300ページの書籍を
読めるようになる方法とは?

速読のスキルは受験や試験、ビジネス以外にも
趣味の読書にも役立てることができますが、
それぞれのシーンに合わせた使い方があります。

一昔前に大々的に宣伝されていた
「1分間に112万文字読める速読術」のように
特別なスキルを必要とする方法ではなく、
ご自身のペースに合わせて
役立てていける速読の方法をご紹介します。


たった3分の訓練で心の中の声が出てこなくなる?

速読法では「黙読」できることが重要とされていますが、
言葉として口に出さなくても、
無意識のうちに心の中で出てしまう声もあると思います。

意識すればするほど心の中の声が出てきてしまい、
速読に集中できなくなったり・・・ということもあるはずです。

そこで1日3分、空いた時間に軽く行うだけで
ちゃんとした黙読ができるようになり、
読むスピードのアップにも繋がる訓練法をご紹介します。


英文速読の障害をなくすリーディング法のコツとは?

英文は五文型で説明できる単純な構造として
理解できるようになればスピーディー
に読み進めていくことができるのですが、
これまでの学習法がクセとなり、
なかなか上手くいかないという人が多くいらっしゃいます。

そこで障害になりやすい部分をピックアップし、スピーディーに
読んでいくための方法を解説していきます。


わずか7日間で
高校レベルの英文法&速読を身につける方法とは?

すでに社会に出て働いているとなると、高校または大学卒業以来、
英語に触れる機会があまりなかったという人もいらっしゃると思います。

仕事柄、英語のスキルを求められることも少なくない現代人にとって、
出来るだけ早く英語を習得できるように、7日間で英文法を身につけ、
速読&読解力を底上げする方法を詳しく解説していきます。


この方法は社会人だけではなく、
受験生の方にはセンター試験などに
対応できる力となりますので、ぜひ実践してください。


速読にもっとも適している文章での訓練法とは?

「書籍」といっても小説や詩、参考書に
専門書など様々なものがありますが、
速読力を上げるための訓練に
適しているもの・適していないものがあります。

どんなものでも速く読めるように・・・というよりも、
必要な時に必要なものだけ速く読めるようになるように
選び抜いた例文でリーディング力を上げていきます。


英文の速読力を大幅にアップさせるための訳し方とは?

英文を訳すためには
語順をひっくり返して頭の中で和訳していく・・・
という方法が学校などで教えられているため、
その方法で訳していく方が多いと思いますが、
この方法だとその分読むスピードが遅くなってしまうのが
欠点ではないでしょうか?


英文を英語のまま理解していく
能力をつけるためにも、当マニュアルでは
異なった方法で訳していき、速読スピードも上げていきます。


知らない単語があっても
中学レベルの英語力があれば理解できる速読法とは?

英文を読んでいる際、
知らない単語が出てくるとそこでつまずいてしまったり、
気になって続きが読めない・・・ということが良くあると思います。

しかし文章の流れに意識を置くようにして速読法を身につければ、
中学卒業レベル~高校1年生レベルの英語力があれば長文問題でも
すらすら解けるようになります。

日本語から英単語にする練習も必要ありませんので、
あなたの英語力も格段とアップします。


「読解力」を伴った速読法の秘密とは?

例えばいくら速く本などを読めるようになっても、内容を理解できて
いなかったり、知識として身についていなければ意味はありませんよね。

しかし世に出回っている他の速読法では、読解力について省略されている
ケースが非常に多く見られます。

当マニュアルでは速読だけではなく
読解力もアップさせるために考案されています。


日本語・英語の長文問題を解くためにまず先にやることとは?

時間を有効に使おうと、
テストや試験の際には
長文問題から取り掛かるという
人も少なくはないと思いますが、
長文問題の「特性」を利用して読む分量を
数分の一にする方法があります。

日本語・英語どちらの問題でも、
二度読みなどの無駄を省き、時間内で問題を
解いていくことができるようになるので、
受験生や資格試験が控えている方に
お勧めです。


「ひらがな」「カタカナ」「漢字」「英語」の
すべてを逆手にとって速読するワザとは?

日本語は他の外国語と比べると
ひらがな、カタカナ、漢字など様々な
文字を使用するので非常に難しいと言われていますが、
日本語が母国語である私たちはその特徴を逆手にとって
「概念」を利用して速読スピードを上げていくことができます。

毎日の練習には、
おそらくあなたの家にもあるものを使うのがお勧めです。

・・・など、試験だけではなくビジネス面でも役立てる内容となっており、
1日の限られた時間を有効に使うためにも、


この左脳型速読法はあなたの人生にとって
大きなきっかけになると思います。


すべて具体的に説明していますので、
すぐに実践していただけます。

広く大きな意味での飛躍と、自由な時間を手に入れ、
さらに他の人とは違うスキルを身につけることで、
新たな世界を垣間見ることができるでしょう。
あなたの可能性は無限大に広がります。

想像してみてください。

もしあなたが左脳型速読法を身につけたとしたら、
本などを速く読めること以外にもたくさんのメリットが得られます。

スキマ時間を活用するだけなので、自由な時間も作れます。

これまで諦めていた資格の習得も可能になります。

試験時間も余裕が出てくるのでスコアも上げる事ができます。

速く読めるだけではなく
知識として脳にインプットされるので
一度覚えた事は忘れません。

外国語の習得にも役立つのでスキルアップに繋がります。

企画書や資料なども効率よく読める上、
重要なポイントのみをまとめることも出来るようになります。

ワンランク上の高校や大学を目指せるようになります。

様々な資格習得にも効果的なので転職や独立も夢ではなくなります。

他にもあなたの活用法によっては、
様々なメリットを実感できるようになると思います。



「自分の可能性を自分で広げられる」、
私はこの事が何よりも大きなメリットだと
感じております。


この速読法は日本語だけではなく、英語の速読に
関しても 具体的に書かせていただきました。


ただ英語は高校や大学を卒業してから、なかなか
触れる機会がなかったという方や、まったく覚えていない
という方もいらっしゃるだろうと思います。

高校3年間で学習する動詞、名詞、形容詞だけでも、
1000以上の単語数です。

もしこれまでの学習方法でその数を覚えるとなると、
地道な努力が必要な上に膨大な時間がかかってしまいます。


しかしご安心ください。

この左脳型速読術を活用すれば、
その努力も時間も大幅に軽減され、
苦労することなく知識を身につけられます。

英語の速読スキルを上げるためにも、
以下の特典をお使いいただきぜひトレーニングしてみてください。


特典1 高校3年間で学習する動詞
特典2 高校3年間で学習する名詞
特典3 高校3年間で学習する形容詞

高校3年間で学習する動詞、名詞、形容詞をまとめました。

1000を超える単語数になりますが、日本語訳も書かれていますので、
速読スピードを上げるためにも最低限、覚えるようにしましょう。

これらの単語を覚えれば英文の中に知らない単語が出てきても、
ある程度意味を予想する事もできるようになります。

特典4 改訂版の無償提供
本マニュアルの内容が改訂され場合、
新しいマニュアルを無料でお届けいたします。

回数に制限はありませんので、
改訂される度に最新の速読術を身につけていくことができます。

※新しいデータはPDF形式(電子書籍)となり、ダウンロード版となります。
以上が当マニュアル及び特典の内容となります。

冒頭でもお聞きしましたが、
もしあなたが資格・試験、またはビジネスにおいての
インプット効率を極限まで高め、様々なシーンで有効活用したい

と高い向上心をお持ちであるなら、
この左脳型速読術をぜひ実践いただきたく思います。

また様々なシーンで活用させていくためにあたって、
1人でも多くの方が実践できるようにという
思いを価格にも反映させていただきました。

深くは語りません。

ご自身の可能性を信じ、どうぞお受け取りください。


【試験に役立つ左脳型速読術】!詳細はコチラ









ネイティブ英語発音のリスニング力をアップするには
英語バイリンガル育成プログラム 英会話速習「リスニングパワー」


左脳型速読術で難関試験も突破 [左脳型速読術で難関試験も突破]

松平勝男の左脳型速読術は簡単



試験合格へ導く松平勝男の左脳型速読術は、
大学受験、資格試験、ビジネスシーン、
さらには英語の速読にも具体的に対応し、
左脳の働きを良くする試験に役立つ左脳型速読術】です!



sanou.jpg


松平勝男の左脳型速読術!特典付特価はコチラ


松平勝男からのご案内



左脳型速読術は、決してスピードを追うだけのものではありません。

1番重要なのは「内容をすばやく把握し、インプットすること」ですので、
無理なスピードを追い求めるような訓練は必要ないのです。


それでは実際にどんなことをしていくのか?

早速ご説明していきたいと思います。


1、文章の構造を利用して文章を読んでいく

2、ひらがな・カタカナ・漢字・ローマ字など
  様々な文字を使用する日本語の文字体系を逆手にとる。


要点だけで言ってしまうと、たったこれだけのことになります。


論理的な文章は「序論、本論、結論」で構造されている事から、
これを知って訓練していけば効果をあげることができるようになるのです。



松平勝男の左脳型速読術!特典付特価はコチラ










英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」
スコットペリーのTOEIC教材リスニングパワー
TOEIC英会話リスニングパワー
左脳型速読術で難関試験も突破 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます