So-net無料ブログ作成
社労士試験合格で転職スキルアップ ブログトップ

社労士試験合格で転職スキルアップ [社労士試験合格で転職スキルアップ]

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~

社労士試験合格ツボ式学習法は、
社労士試験に独学でゼロから短期一発合格するツボ式学習法です。

独学でも最短合格可能な完全プログラムが
社労士試験合格ツボ式学習法です。


syarousi.jpg

syarousitop.jpg

社労士試験合格ツボ式学習法!限定特価はコチラ

社労士試験に独学で合格するツボ式学習法とは?

他の受験生より勉強時間を半分以下で済ませるために、
「どこを勉強するか」そして「どう覚えるか」を戦略的に行う必要があります。

私の長年の指導経験と研究から、
すでに確立したメソッドとして「ツボ式学習法」がありますので、
それに沿って勉強を進めていくのが合格への近道です。

念のため、出題予想について言えば、
“ヤマを張る”といったリスクの高い対策は論外です。

あくまでも論理的に出題予想をする必要があります。


私はもともと分析をすることが好きで、
社労士試験の講師になる前は経済専門のシンクタンクに
勤めていたこともあります。


 A4たった1枚分の業界分析レポートを作るのに、
100万円で制作を委託されるような付加価値の
高い調査や情報分析を行っていました。

私は「分析の専門家」として仕事をしてきましたが、
シンクタンクで培った分析のスキルは
社労士講師になってからも大いに役立っています。

試験を攻略するためには、どのような問題が出題されるかという
一定のルールを見出すがとても重要なことだ
と思っています。

   こんなエピソードがあります。

  大手資格スクールで、
私がある難関資格試験の講師をやっていた時代のことです
(*司法試験に準ずる法律系の超難関資格試験です)。

  模擬試験の問題を作るにあたり、
過去に本試験で出題された問題の分析を私は徹底的に行ってみました。

その試験は記述式が難しいと言われていたのですが、
分析した結果、私はあるルールを見つけることができました。

端的に言うと、どこから記述式の問題が出されるかというルールを発見したのです。

これは当時、どのスクールでも気がついておらず、記述式の対応には苦慮していました。

そして法則が分かれば出題の予想もできるようになり、
本試験の問題を見事に的中させることができたのです。

後日、そのことが評判になり、スクール内で高く評価されました。
そのルールを記した方法論は、スクールの社長から直接依頼され、
ノウハウとして正式に契約してお譲りしました。

 ちなみに、当時のスクールの社長は、その後の会議の場で
「なぜ他にもたくさん講師がいる中でこのことを
もっと早く分からなかったのか」と怒っていたそうです。

大手の有名資格スクールでも出題の分析を緻密にやっているわけではない、
ということをそのときに知りました。

スクールで出題分析を緻密にやっていないということは、
私の経験上他の資格試験全般にも当てはまることです。

  出題の法則性は、私からみると社労士試験においてははっきり存在します。

出題される可能性の極めて高い箇所を特定できれば、
最も効率的な学習ができることは言うまでもありません。

だから、私の提唱するツボ式学習法を実行してもらえれば、
これから社労士試験を受験しようという人でも
短期間の効率的な学習で十分合格が狙えるのです。

ここが大事な点なのですが、出題されるであろう箇所を絞り込むことは、
実は方法さえ知っていればあなたにもできるようになるのです。


社労士試験合格ツボ式学習法!限定特価はコチラ






坪義生の社労士試験合格勉強法
社労士試験合格ツボ式学習法
小野里実の社労士試験勉強法
梅田浩一の社労士試験合格法
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
社労士試験合格で転職スキルアップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます