So-net無料ブログ作成
日経225 ブログトップ

月1ボーナス オプションアカデミー「月利5%」を稼ぐ [日経225]

月1ボーナス オプションアカデミー


tuki1bonas.jpg



「月に1回」わずか「5分の取引」で「月利5%」を稼ぐ
超安定収益を生む手法【月1ボーナス】手法と、

「3日間」の取引で「137%」という豪快な利益を得る
リスク限定ハイリターンの裏手法【楽園】手法の、

「攻め」と「守り」の2種の資産形成を
対面を含め3カ月に渡って塾生様へ提供する
日経225オプション取引のオンラインスクールが開校!

株式会社クレアストマネジメントの
月1ボーナス オプションアカデミー 実績動画

ご挨拶がわりに、下記の2分間の動画をご覧ください。

月1ボーナス オプションアカデミー 立山晃一の実績

「2014年1月~8月」の「8ヶ月間」、
「月1ボーナス」を運用した運用成績です。



実はこの動画そのものは、大して重要なものではありません。

それよりも大事なことをこれからお伝えしますので、
どうぞ一呼吸を置いてから、ゆっくりとお読みになってください。


月1ボーナス オプションアカデミー!詳細はコチラ


月1ボーナス オプションアカデミーとは?

月に1回5分の取引だけで、
月利7%わずか3日の保有で
利益137%超安定手法と超爆発手法のMIX!

月1ボーナス オプションアカデミースクール生が
初月から全員成功した超安定手法と
リスク限定ハイリターンロジックを組み合わせることで
堅実かつ異次元のスピードで資産を増やす
利益&リスク管理ツールにコピペした瞬間に
「未来の想定利益」が見え機械的な作業をするだけで
初月から利益を得た手法月を重ねるごとに月利を伸ばし続け
投資で独立するほどの結果を出し続けているロジック!
さらに「楽園」の極秘情報をメールでリアルタイム配信!


月1ボーナス オプションアカデミー!詳細はコチラ


「月1ボーナス オプションアカデミー」の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

資産運用会社を運営する現役ファンドマネージャーの
「立山晃一」と「佐々木悠介」が、

資産運用を通じて豊かさを手にする
1000人を輩出する目標を掲げ、

勝率は限りなく100%に近く、
なおかつ「リスクとリターン」が「1対1」になるような、
リスク管理が徹底された手法「月1ボーナス」と「楽園」法を
3カ月に渡って提供するオンラインスクールです。



「月1ボーナス オプションアカデミー」は、

------------------------------------------------------
「月に1回」わずか「5分の取引」で「月利5%」を稼ぐ
超安定収益を生む「守り」の手法【月1ボーナス】

「3日間」の取引で「137%」という豪快な利益を得る
リスク限定ハイリターン「攻め」の裏手法【楽園】
------------------------------------------------------

という「攻め」と「守り」の両面を持った2種の資産形成が、
本トレード塾の主旨ですが、
インパクトだけのトレード塾では決してありません。



「月1ボーナス オプションアカデミー」は
リスク管理に比重を重くことが特徴です。


●手法の肝である「利益&リスク管理ツール」に数値を入力し、

 そこから算出される数値を元にポジションを取り~決済するため、
 「属人性が低く」現時点で塾生全員が勝てている

●非常にリスクの小さなポジションをとるため、
 基本的には9割以上(ほぼ100%)の勝率を確保

●リーマンショック級の急相場発生時には損切り注文を執行し、
 借金を背負うような取引は行わない

●利益追求はもちろん、徹底したリスク管理により、
 ロスカット時の損失額を限定するロジックを学ぶことに
 多く時間を使う

●「勝つ事よりも、負けない事」を習得するため
 大きく負けないという安心感を得られる



事実、相場が1300円下落した10月は、 
塾生様の結果は動画でも公開している通り3%です。

------------------------
生徒Aさん +3.1%
生徒Sさん +2.5%
生徒Sさん +3.0%
生徒Iさん +2.5%
生徒Oさん +3.0%
------------------------



また、楽しみながら仲間と共に成長していくことにも
重点を置いているため、

リアルタイムポジション取りセミナー
(ストリーミング配信)に加えて、

リアルで学び、交流を深めるための
「全国セミナー&懇親会」も開催いたします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     「月1ボーナス オプションアカデミー」の手法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

───────────────────────────────
◆手法1:「月に1回」わずか「5分の取引」で「月利5%」を稼ぐ
     超安定収益を生む「守り」の手法【月1ボーナス】
───────────────────────────────

「肝」となる「利益&リスク管理ツール」に、
日々、数値を入力することで算出される値を元に、
入塾者様の資金に応じた額(20万円の資金から可能)
でポジションを取り、利益確定する手法です。


これにより、人それぞれ判断が違うことがなく、
結果、相場経験がある方でも無い方でも、
誰がやっても「ほぼ確実」に「短時間」で月利3%~5%を狙えます。



更にこの手法は、勝率が限り無く100%に近いにもかかわらず、
「リスクとリターン」が「1対1」になるように、
リスク管理が徹底されています。



実際に行うこと:

・利益&リスク管理ツールへの数値入力:1~2日に1回「1分」
・朝か昼か夜に相場のチェック:1回「1分」
・実際のトレードにかかる時間:月に1回「3分」



───────────────────────────────
◆手法2:「3日間」の取引で「137%」という豪快な利益を得る
     リスク限定ハイリターン「攻め」の裏手法【楽園】
───────────────────────────────

「月1ボーナス」が「幅」を決めて利益を取ることに対し、
「楽園」は相場の大きな流れを捉えて利益を取る手法です。



そのため「月1ボーナス」とは異なり、
3万円の資金から取引でき、
毎月ではなく不定期(年に4回程度)の取引となります。



講師である立山の直近の成績は利回り137%ですが、
200%を超えることも可能な手法です。



「楽園」に取り組む方へのフォローアップとして、
立山が楽園相場であると認識した時に、
「楽園メール」を配信します。



実際に行うこと:

・「楽園メール」を受信したら「月1ボーナス」と同様に取引:5分
・ポジション保有期間:1日~3日

「月1ボーナス オプションアカデミー」コンテンツ内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・3ヶ月間のオンラインスクール
 (リアルタイムセミナー、動画配信、PDFを使って学習)


・ポジション取りリアルタイムセミナー:月1回ストリーミング配信
 (講師の行動をそのまま真似し、より確実に次月の利益を取る)


・利益&リスク管理ツールの提供
 (今のポジションで取れる利益/リスクの度合いを把握)


・全国セミナー、懇親会を開催
 (リアルでの交流の場と共に学びあう環境を提供)


・相場報告メール:1週間毎の配信
 (取ったポジションをどう判断するか講師と塾生様の共有)


・日経225オプションの基礎編:PDF教材
 (勝つために必須の9つの基礎知識を解説)


・日経225オプションの応用編:PDF教材
 (月利5%以上を狙うために必須の4つの応用知識を解説)


・投資戦略テキスト:PDF教材
 (勝てる投資家のマインドセットと仕組みの全貌を全て記載)


・メールサポート:3ヶ月間回数無制限


・動画サポート:随時配信
 (参加者様から寄せられる質問をQ&Aとして全体で共有)


・会員専用サイト
 (提供情報を全てサイトに保管、半永久的に閲覧可能)



このように、単なる日経225オプションのオンライン教材とは
一線を画す充実した内容となっております。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              販売価格
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆11月11日(火) 12:00 ~ 11月16日(日) 23:59
  198,000円

◆11月17日(月) 00:00 ~ 11月20日(木) 23:59
  208,000円

◆11月21日(金) 00:00 ~ 11月25日(火) 23:59
  228,000円

月1ボーナス オプションアカデミー!詳細はコチラ


佐々木悠介と立山晃一「7年間の黒歴史」

申し遅れました。
「佐々木悠介」と申します。

「月1ボーナスオプションアカデミー」を、
講師の「立山晃一」先生と一緒に運営させていただきます。

いいえ、誤解なされないでください。

何を誤解しないでって、
私も立山先生も昔から稼げた訳ではありません。


むしろ、キャリアばかり長いのに稼ぐことができず、
自分のトレード力に嫌気が差していたのが正直なところ。

稼ぐことができなかった期間は実に「7年間」です。

これは、私も立山先生も同様でした。


しかし世の中、捨てたものではありません。

「もはや自分の投資人生もこれまでか・・・。」と、
資金的にも精神的にも時間的にも土俵際まで追い詰められた時、
ある人との衝撃的な出会いがありました。

この出会いを決して逃すまいとその人に懇願し
彼がやっていた「日経225オプション」の手法を教えてもらい、
その後、数年かけて「月1ボーナス」の手法にまで昇華させました。

我々には、こんな苦汁をなめ続けた「黒歴史」と、
その歴史をすべてひっくり返した「奇跡」があった訳です。


そんな我々の「投資人生」を時系列でご案内します。

あなたには人の人生などにつきあっている暇は無いかも知れません。

しかし、まだ投資で稼いだ経験が無い方は、
「投資は、やり方さえ間違えなければ稼げる。」
ということが「強く」実感できる歴史書物となっています。

どうぞしばしの間、お付き合いください。


では参りましょう。


私と立山先生の投資経験は、
今から10年前の2004年までさかのぼります。

当時、私と立山先生は大学時代。

2人はまだ出会っていませんが、
私は自然に、
立山先生は株をやっていた父親の影響で投資を開始します。


この時は、完全に独学。

買ったり負けたり負けたり負けたり・・・
というジリ貧トレードを繰り返して損失を積み上げていた時期です。


当時、
「これであなたも株で勝てるようになる!!」
などという「煽り臭」満載の本が書店を席巻し、
それに心躍らされては結局、騙され、
もう買うもんかと心に決めつつも、
また書店で心躍っては騙される
・・・などということを繰り返していました。

しかし、まだ若かりし2人。

勝てはしませんでしたが、輝ける将来を夢見ながら、
アルバイトで貯めたお金をつぎ込み、
自己流のトレードを続けていました。



この年、大学を卒業した2人は導かれるように出会います。


出会いは中部地方の超大手の自動車関係会社。

そうです。
我々は会社の同期だったのです。

配属されたのは法人営業の部署でした。


日本の一般的な「会社事情」であれば、
同僚に「投資をやってるんだ」などという話をすることは、
御法度かもしれませんが、我々は気心の知れた同期。

会話の中で自然にお互いが投資を行っていることを知ります。

このとき行っていたのは、
私(佐々木)は「FX」、
立山先生は「現物株」でした。


2008年当時は、FXが盛り上がりを見せ始めた頃で、
何億と稼いだトレーダーが、メディアを賑わせていた時です。

一発で大金を稼ぐトレーダーを横見で見ながら、
どうしたらあんな風に稼げるのだろうと悶々と日々を重ねていました。


悲しいかな大学時代に投資を始めてからと言うもの丸4年、
私も立山先生もまともに勝った経験がなく、
サラリーマンをしながら、空き時間にトレードを行いつつ、
悶々たる日々を過ごしていました。



このころ、リーマンショックが発生します。

当時、私は通貨のキャリートレードを行っており、
買ったり負けたり負けたり・・・を繰り返していたのですが、
リーマンショックにより、
虎の子の100万円が一瞬に10万円になってしまいました。


1年目のサラリーマンにとって、
100万円(正確に言えば90万円)という金額は、
想像を絶する大きな金額です。

税金のことを考えると、およそ「半年分の給料」です。

これが一瞬で消えてなくなってしまった訳です。


さすがの私も、もうFXはやるまいと心に決め、
FXの世界から足を洗い、
とは言え、投資の世界からは足を洗えない未練を残し、
投資信託などの手堅いものを中心とした投資にシフトします。

一方で立山先生は、リーマンショックの影響で、
保有していた現物株が塩漬け状態となってしまいました。


リーマンショックによる投資の洗礼は、
私にとっても立山先生にとっても強烈なものでした。

しかしそれでも、投資で勝ちたい一心は変わらず、
どのような投資がいいのか?どうやったら勝てるのか?
臥薪嘗胆の日々を送っていました。



2010年の末に「ある転機」が訪れます。

それまで務めていた法人営業の部署からの配置換えがあり、
新たな配属先が「新規営業」を行う部署となりました。


それは私にとって大きな「危機」を意味していました。

どういうことかと言うと、それまでの法人営業の部署では
お客様のフォローなどで残業が多くあり、
普通に働いているだけでも、
月に4万円から5万円の残業代がついていた訳です。


しかし。

新規営業の部署は、お客様のフォローが無いので残業もなし。

そう、定時に帰れてしまうのです。


定時で帰ることができるのは幸せなことなのかもしれませんが、
当時の私にとっての残業代は完全に「生活給」と化していました。

つまり、毎月、残業代を完全に見込んで生活を組み立てていたので、
これが無くなると、生活そのものが立ちいかなくなるという状況に
陥ってしまった訳です。


リーマンショックから、はや3年。

結局、投資では何の再起も図れず、
モヤモヤした投資人生を送っていましたが、
いよいよ本腰を入れて、
「自分の身を助ける」投資手法を身につける必要性を感じ、
ギヤを入れ替えて、
本気で「稼げる投資手法」を探し始めました。


我々の黒歴史は続きます。


「稼げる投資手法」を探し始めてから数ヶ月。

本気で探し、本気でアンテナを張っていると見つかるものです。

血眼になって手法を探す私の必死さが伝わり、
見るに見かねた私の知人が、あるトレーダーを紹介してくれました。


このトレーダーこそが「日経225オプション」のトレーダーでした。

当時、彼は25歳。
ちょうど我々と同じ年齢でした。


出会った時、
彼は、大卒で入社した誰もが知る総合商社を2年前に退職していて、
投資の運用会社で働いていました。

彼はその運用会社で数億の資金を月利6%程度で運用しており、
2年間ほど運用実績を積み上げていました。

仮に2億円の運用資金だったとしても、月利「6%」であれば、
月に1200万円の利益です。

その運用会社は、投資家への成功報酬が50%だったので、
彼は、自分の腕一本で、会社に600万円の利潤を与えていた訳です。


同じ年齢にもかかわらず、独立してバリバリ稼いでいる彼を見て、
「くそっ。オレは何でこんなところで足踏みをしているんだ!!」
と悔しさがこみ上げてきたのも事実。

自分で稼ぐ力を持っている人間と
自分で稼ぐ力を持っていない人間との差を
ここまで痛感したのは、生まれて初めてのことでした。

「持てる者」と「持たざる者」

そこには深い溝が存在していた訳です。


しかし、ここで格好をつけていても何も始まりません。

もはや恥も外聞も捨て、
「先生、教えてください!!」
とばかりに、彼の手法を教えていただくべく懇願し、
同年代と言うよしみもあり、彼は快く教えてくれることとなりました。


とは言え、当時、我々は「日経225オプション取引」など、
聞いたことはあっても、何をするものかはまったく知りません。

それこそ、
「オプション?それってなに?」
という状態からのスタートでした。


実際に教えてもらう前の段階で、
彼からは「簡単だよ」と言われていましたが、
巷の「簡単」というキーワードに散々騙されてきた我々でしたので、
その「簡単だよ」という言葉を疑いながら話を聞いていましたが、
実際に聞いてみると、これがまた、

「この話が本当であれば本当に簡単だ(汗)」

という手法でした。


事実、(当たり前ですが)その教えてもらった時には、

・マニュアルも
・ツールも

何も無い状態で、

・カフェで
・口頭で
・2日間

教えてもらっただけ。

必死にメモは書き留めましたが、本当にそれだけのレクチャーでした。


まさに狐につままれたような感じでしたが、
善は急げで彼を信じていざトレードを開始。

私は50万円の軍資金から始めましたが、
初月にいきなり13%の利益を達成。


「え?え?
 本当にこんなんで結果が出ちゃうの?」

と改めて狐につままれている内に翌月もまた勝ち。

そんなことを繰り返している内に、
私も立山先生も、毎月、毎月、勝ちを重ねていました。


しかし、勝ちの月ばかりではありません。

勝率は高いのですが、負けの月ももちろん存在しました。


こんな風に1年数ヶ月間を自己トレードする中で、

・こうした方がもっと勝率が上がる
・こうした方がもっとリスクが下がる

ということを実践で学び検証しながら研鑽を積んでいきました。



こうして、私と立山先生の約2年間の研鑽期間を経て、
「月1ボーナス」の手法が完成しました。


誤解の無いようにお伝えしておくと、
「絶対に100%勝てる手法」なんかではありません。

しかし、勝率は限りなく100%に近く、
なおかつ「リスクとリターン」が「1対1」になるような、
リスク管理が徹底された「月1ボーナス」の手法に昇華されました。


2012年11月、私と立山先生は自己資金を運用しつつ、
「日経225オプションの運用を行う運用会社」を立ち上げました。


余談ですが、運用会社の立ち上げたことにより、
それは、「月1ボーナス」の研鑽に大いに役立ちました。

と言うのも、一定の資金が集まることで、
多彩な戦略が組めるということを身をもって体験できたこと。

じゃんけんで言えば、これまでグーだけで戦っていたのが、
パーもチョキも出せるようになった。

そして裏を返せば、資金が少ない場合の戦略も明確になった。

・・・ということが体験できたのです。


また「3日間」の取引で「137%」の利益を得る
「楽園」の手法を確立したのもこのころのことです。


運用会社を立ち上げ、日経225オプションの運用を行うことで、
日経225オプションの全体像を俯瞰でき、
勝率を上げ、リスクを低減させることだけでなく、
資金に応じて、相場に応じて、多彩な戦略を組めるようになった。

・・・という副産物も手に入れることができたのです。


2014年10月現在、
運用会社での運用は1年半ほどが経過していますが、
毎月、投資家様への満額配当を出すことができています。


我々は今年で、投資を始めてからちょうど10年になります。

この10年の大部分は、悔しい思いばかりを抱えた歴史でした。

しかし、こうして「月1ボーナス」の手法が完成したことを考えると、
こんな黒歴史も、2人にとっては必要な時間だったと感じます。


ありがとう、黒歴史。

ありがとう、月1ボーナス。


心からそう思います。

実に言いづらい話です。


実に言いづらい話なのですが、

「佐々木さんのところの旦那さん、
 いったい何をやっている人なのかしらね?」

と噂が立てられている可能性が非常に高いです。


朝はゆっくり起床し、
(とは言っても子供に起こされることが多いですが・・・)
妻の朝食を食べながら相場を確認。

歩いて子供を幼稚園に送りに行き、
スクールの運営やファンドの運用で出社する必要があれば、
満員電車を避けてお昼前に出社。

しかし、スクールの運営もファンドの運用も、
私には重要なミッションなので手を抜くことは一切ありません。

とりわけ、スクール生からのサポートには全力投球。

・・・ではあるのですが、
そもそも漢字の練習帳をなぞるような手法なので、
サポートがほとんどありません。

だからこそ、いただいたサポートには単なる回答では無く、
スクール生の立場や背景を考え、様々な点を先回りし、
少しうっとうしいと思われるくらいのサポートをしてしまいます。


こうして会社でやることが無くなったら退社。

一般のサラリーマンで混み出す前に帰れるので、
帰りの電車もストレスフリーです。


こんな生活を送っていれば、近所の奥様方に、

「佐々木さんのところの旦那さん、
 いったい何をやっている人なのかしらね?」

という噂も立てられるというものです。


そして、お気づきかと思いますが、
この間、私は一切の「トレード」を行っていません。

しかし、こればかりは仕方ありません。

「月1ボーナス」の手法は、
相場に向き合いたくても
相場に向き合う必要が無いのですから。


しかも、これは会社に行く理由がある日の例です。

「月1ボーナス」の手法が固まった2012年末以降は、
私も立山先生も「3日働いて4日お休み」という、
精神にも肉体にも「健康的」な生活スタイルを維持しています。

決まった時間に決まったことをやらなくて良いのです。

そんな投資手法を持っている私と立山先生が、
「自分の心」に正直に相談した結果、
こうした生活スタイルになったのは実に自然な流れでした。


「自分の心」に正直に相談すると、様々な変化があります。

満員電車には、心が殺伐とするので一切乗りません。
一切、乗りたくありません。

自分の心に正直に、電車が空いている時間対に
移動するようになりました。


旅行に出かけるのも基本は「平日」。

人混みを避けて行動するようになりました。


そもそも値段の高い日に、
わざわざ混んでいる場所に行く理由がありません。

思いっきり逆です。

値段の安い日に、人がいない場所に行けばいいだけ。


「自分の心」に素直に従うと、生活様式も変わってくる訳です。


唯一の悩みは、一緒に遊べる仲間が少ないこと。

だから、どうしても同じ事業に取り組んでいる、
「佐々木、立山ライン」で遊ぶことが増えてしまいます。


でも大丈夫。

「月1ボーナス」の手法は漢字の練習帳をなぞる手法です。

簡単なので誰もが取り組みやすく、そして結果が出ます。

だから、私と立山先生が遊ぶ仲間を増やしたければ、
「月1ボーナス」の手法を教えればそれでOKなのです。

今回、「月1ボーナスオプションアカデミー」を開催するのも、
そういった理由があったりします。


でも、どうか気をつけてくださいね。

「月1ボーナス」の手法に取り組むと生活スタイルが変わります。

だって、「月1ボーナス」に取り組めば、
その瞬間から、1ヶ月「31日」の内、
トレード日を除いた「30日」はやることが無くなるのですから。


月に暇な日が「30日」あれば、何でもできてしまいます。

家でゴロゴロと怠けまくろうと、
日がな一日ぶらり散歩をしまくろうと、
家族との時間を最も大事にするような生活を徹底しようとも、
朝から晩まで1ヶ月間ゲームに集中しようと、
国内海外、あっちこっちに旅行に行きまくろうと、
体のメンテナンスに努めようと、
長年、自分の体を蝕んできた病気を治そうと、
親孝行をしまくろうと、
何をしまくろうと結構。


もちろん、サラリーマンの方は、
そのサラリーマンという安定した立場を維持しつつ、
2本目の柱として、月1ボーナスに取り組むのも結構。

あまりある時間で他の商売をやるのも結構な訳です。


徹底的に「時間対効果」を考えられた月1ボーナスの手法は、
あなたの「人生の可能性」を大きく広げる手法です。

そして、「自分の心」に正直に相談することができる手法です。


「最小限の時間」で「最大限のお金」を稼ぐ。

「月に1回5分」で、すべての取引が完了できる先には、
あなたの「人生の自由度」を格段に広げる手法なのです。


だから、どうか気をつけてください。

「月1ボーナス」の手法に取り組むと生活スタイルが変わります。


ですから、今のうちから、
「生活スタイルが変わればあなたは何をするか?」
を考えておいてください。

月1ボーナス オプションアカデミー!詳細はコチラ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日経225システムトレードで堅実に稼ぐスパイダー [日経225]

日経225スパイダー投資法とは?




日経225スパイダー 評価

罠を仕掛け、獲物を捕獲するスパイダーとは、
「ある特定の時間」に「ある特定の罠(注文)」を仕掛け、
プロフィットファクターが、
5を超えている日経225システムです。

罠を仕掛け、獲物を捕獲するシステムが
日経225スパイダー投資法です。








売買回数は少ないですが、
ダマシが多発する相場ではトレードせず、
勝てる時だけを狙って、
仕掛けるので非常に好成績です。

プロフィットファクターは
5.15というハイパフォーマンスなので、
利益も思った以上に増えた実績となっています。

実は個別銘柄での検証でも同じような
パフォーマンスという結果が出てますので、
日経225と併せて個別銘柄のトレードにも
使えるのでオススメです。

すでに1200人以上の方が購入され、実践されています





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
日経225 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます