So-net無料ブログ作成
宅建試験合格勉強法のコツ ブログトップ

宅建資格試験合格勉強法 1日わずか30分宅建合格プログラム [宅建試験合格勉強法のコツ]





宅地建物取引主任者資格試験の合格マニュアル!

藤本修が教える
業界最短の勉強時間で合格できるマニュアル!

1日わずか30分宅建合格プログラム

宅建資格試験独学勉強法&合格テキスト(参考書)

fujimotoyaku.jpg

1日わずか30分宅建合格勉強法!

もし『毎日30分でも続けるのは無理だ。』
と思われる方は、宅建資格を取ることを
あきらめてください。

なぜ1日30分なのか

fujimoto30.jpg

この中で最も大きい理由は
誰でも合格を勝ち取れるものにしたいということでした。

このサイトを開設した理由にもあたるのですが、
この宅建合格マニュアルは1日30分、
約4ヶ月の勉強で合格できる内容です。

よく、1か月で受かるというようなマニュアルがありますが、
中身を見るとひどい物です。

結局1日4時間、
30日丸々勉強すればという前提があるわけです。

基本的にこの100時間という枠は外せません。

それぐらい勉強しないと宅建は受からないものだからです。

では、この宅建合格マニュアルはというと・・・
1日30分で120日、合計60時間 「

60時間」と聞くと
漠然としてわかりづらいかもしれませんが
これは1日3時間勉強すれば
20日で受かることになる驚異的な数字です。

もっと良いものがあるかもしれないじゃないか?
とあなたは思われることでしょう。

ですので私はこんな保証をお付けすることに致しました。


藤本からの2つのお約束


1.このマニュアルは宅建の中でも最も短期間の学習時間で
合格できるマニュアルだと自負しています。

他のマニュアルでこのマニュアルより、
即ち合計勉強時間が59時間以下でも「受かる」
ものがあったら私に教えてください。

当マニュアル代金を全額返金させていただいた上で、
必ずそれを超えるものを作り上げることをお約束致します。


2.当たり前ですが、このマニュアルの通りに勉強して
受からないようなことがあれば返金させていただきます。

洋服の衝動買いとは違います。

英会話スクールに行って英会話が出来るようにならなかったら
お金を返してもらいたいですよね?

法科大学院にいって真剣に勉強したのに
司法試験に通らなかったら受講料を返してもらいたいですよね?

本来、ビジネス上はそういった方々に
返品をするのは経営上非常に苦しいです。

しかし、私はこのマニュアルに絶対の自信を持っています。

同時に宅建を目指している人を
これ以上一人も見捨てたくありません。

ですのでもしこのマニュアルを勉強して受からなければ
当然ながら商品代金は全額返金致します。

ですから、あなたも私を信じてついてきてください。

宅地建物取引主任者資格試験の合格マニュアル!

1日わずか30分宅建合格プログラム!詳細はコチラ


宅建合格プログラム体験者の声


お陰さまで、無事一発で合格することができました。

勉強を始める前に、どの教材がよいのか
ネット検索でいろいろ調べているなかで、
目を引いたのが1日わずか30分という
キャッチコピーと値段の安さにひかれて
この教材を選択させていただきました。

「宅建合格マニュアル」に目を通し、
これなら自分でもできるのではないかという気持になり、
5月の中旬ごろから最低一日30分を目安に勉強をスタートしました。

勉強は、朝が苦手なので夕食後、
あるいは寝る前の余暇の時間を使って行いました。

最初は、宅建の初学者の小生には、
法律用語等なじみのない言葉の理解に苦しみ
テキストを一通り、目を通すのに1カ月以上かかり、
全部目を通すころには最初にやったところについては
すっかり忘れている状態でした。

それでも、2度、3度とテキストを読み返す事によって
それが思い出されていき、徐々にですが理解していくのを実感しました。

9月に入ってからは、過去問と間違えたところの
テキストによる復讐による、苦手分野の克服がメインでした。

この時、Webで提供されている過去問題は、
わかりやすい解説がついており、解法テクニック、
基本重要知識、捨て問等区分けしてあり勉強を進めるにあたり参考になりました。

一日30分、これは理にかなった勉強法だと思います。

人間の記憶は半日で半分に減るそうです。

24時間後には4分の1ぐらい。

一週間後には、ほぼゼロになるそうです。

人間が脳に記憶を定着させるには、
忘れてしまう前に何度か記憶を再現させることが必要だそうです。
(誰かが言っていました。)

もちろん効率の悪い勉強を毎日30分だけやっても
宅建には合格できなかったと思います。

「1日わずか30分で宅建合格プログラム」のお陰と思い感謝しております。

1日わずか30分宅建合格プログラム!詳細はコチラ


私が宅建合格プログラムを選んだ理由としては
大きく分けて3つあります。

第1に低価格。

私が宅建の試験を目指すうえで考えた勉強法としては
仕事の都合上予備校に通うのは難しいので、
通信教育もしくは独学で教材を買って勉強することでした。

そんな中迷っている内にインターネットで見つけた宅建合格プログラムでした。

大手予備校の通信教育だと最低でも10万~20万はかかってしまうところ、
この宅建合格プログラムは書店で教材を買う程度の予算で
抑えられと言うメリットにひかれました。


第2に30分勉強法です。

勉強をする上で一番重要なことは
毎日習慣づけて勉強することが何よりも大切だと思います。

1日2時間勉強して次の日には勉強しないよりは
毎日少しでも勉強する方が知識の定着には勿論、後者が良いです。

その上で30分と言う時間は
毎日、無理なく勉強する時間としては最適な時間だと思います。。

私は過去に他の資格試験の為に予備校に通ったことがありますが、
週に2、3回の2時間の講義を受けて、帰って復習する様な勉強をしましたが、
仕事で講義に行けなかったりそれを埋める為に休みが取れなく、
嫌になって挫折したことがあります。

そうならない為にも短い時間で無理なく出来るのはとても魅力的でした。


第3に返金制度です。

宅建試験に関しては一発合格以外に頭に入れてなかったので、
返金制度自体はあまり気にしてませんでしたが、
通販で教材の中身が解らない以上、多少の不安はありましたが、
返金制度があることに驚きそこまでの自信があるならと購入を決意しました。

そんなきっかけで宅建合格プログラムを購入した私ですが、
勉強法としては余裕をもって3月から始めました。

基本的には朝いつもより30分早めに起きて
勉強するやり方を取りましたが、朝寝起きが悪いとき等は
昼食後に勉強するやり方を取りました。

そう言った面でも教材を取り外し出来るファイルはとても便利でした。

余裕をもって勉強を始めたので7月には基本重要知識は
頭に入れて残り3ヶ月はその反復作業でした。

7月には自分の弱点も見えてきて、弱点を潰しながら併用して
基本重要知識を反復する毎日でした。

その上で良かったのがメールでのアドバイスでした。

私はパチンコが無かったので当初は不安でしたが、
携帯からもアクセス出来て良かったです。

自分の勉強法に不安になった時や見失った時など
メールによるアドバイスはとても便利でした。

特に試験直前に大手予備校の直前模擬試験を受けたのですが、
30点前半の点数でとても焦りましたがアドバイスのお陰で
勉強法を見失わず本試験では合格点よりも
5点も上回って合格することが出来ました。

何が言いたいかというと、他の資格試験に関しては解りませんが、
こと宅建試験に関しては基本重要知識すなわち皆が取れる問題を
確実に取る上で宅建合格プログラムは、とても効率良く学べる教材だと思います。

1日わずか30分宅建合格プログラム!詳細はコチラ



この度、2012年の宅地建物取引主任者試験に合格しました。

実は今回が3度目の受験だったのですが、
2年前はじめての受験の際は、試験対策のノウハウも無いまま、
ネットオークションで格安で売られているDVD教材を利用して勉強しました。

6月から9月中旬まで40枚のDVDにより学習し、
最後の一か月を過去問に費やしましたが、結果は不合格でした。

DVD学習に時間を掛けすぎ、肝心の試験対策が不十分で無かったことと、
広範囲に勉強しすぎたことが敗因でした。

2年目は過去問に集中したのですが、
使用した過去問集が厳選問題集であったので、
対策で来た範囲が限られたのが敗因でした。

三度目の今回は絶対合格を勝ち取るためと思い、
もう一歩踏み込んだレベルで学習できるようにと、
格安な通信講座を探していました。

そこで見つけたのが、 「1日わずか30分宅建合格プログラム」でした。

こと宅建に関しては様々なテキストや講座がありますが、
通信講座はどこも高額でなかなか手が出せず独学で学習していました。

しかし、あと数点が取れず、
また、勉強方法も分からなかった点もあったことから、
なるべく費用をかけず、仕事をしていても
効率的な学習ができるような通信講座を探していました。

何より「一日30分」と低価格な点は、私にとってピッタリな講座でした。

最初は、一日30分の勉強量で大丈夫かな?と思いましたが、
要点が簡潔にまとめられており、見やすく、勉強しやすいと思いました。

高得点を狙うことは難しいかも知れませんが、
合格点数をクリアすればよいので、初学者の方にもお薦めできるテキストです。

私は仕事を終えてから自宅で勉強しましたが、
理解度によっては勉強量を調整することができますし、
時間が無い時や疲れていて集中できない時でも
「今日はこれだけできれば十分」という気持ちで取り組めましたので、
プレッシャーを感じないで、気を楽にして学習できました。

「あと数点足りない」という方には特にお薦めします。

学習すべき内容と取り組むべきレベルを理解できるので
確実に理解度をあげることができますよ。

1日わずか30分宅建合格プログラム!詳細はコチラ


宅建合格を、真剣にめざしているみなさんへ

試験当日の自己採点では39点(免除分の5問を含む)。

宅建にチャレンジして2年目、待ちに待った合格証書が手元に届きました。

1年前、5問の免除があるにも関わらず、合格点には及びませんでした。

そんな私が合格できたのは、
6月に藤本先生の講座に出逢えたからだと確信しています。

私は、大学生と高校生の子どもを持つ主婦です。

昼はパートで働きながら、時間的にも経済的にも余裕のない中で、
自分に合う宅建講座を探していました。

数多ある講座の中で、本講座が決め手となったのは、
一日30分というフレーズと、藤本先生の思いです。

藤本先生は、宅建講座の講師をされる中で、
本当に必要な人が受からない講座のシステムに疑問を抱き、
一日30分ずつ取り組む本講座のプログラムを開発されました。

高いお金を払って、資格取得のための学校に通えば、
必ず受かるのでしょうか?

私のように、自分に甘い人間は、
大事な講義を受けに学校に通っても、
船を漕ぐのが目に見えています。

そのため、自宅に居ながら1日30分ずつ取り組めるプログラムは
私にとって魅力的であり、また、もし不合格なら返金と
うたっている点に先生の思いと自信の裏付けを感じ、
頑張ってみようと思いました。

宅建の試験は、過去問に始まり過去問に終わるといいます。

まさにその通りです。

もちろん1年目も、過去問にあたりましたが、
間違えた問題の解説を読んで、余計にわからなくなったことが多々ありました。

それでは時間の無駄です。

2年目は、藤本先生のおかげで、
問題にも種類があることに気付きました。

必ず正解しなければならない問題、
必要以上に時間をかけてはいけない問題。
良問もあれば、悪問もあるということです。

過去問を解くにあたって、
なすべき事がわかる解説に、出会いたくありませんか?

今までの人生で法律を学ぶ機会のなかった私でも、
合格証書を手にすることができました。

合格にまっすぐにつながる、無駄のない本講座に、
あなたが一日も早く出逢い、そして合格証書を手にできることを願います。

1日わずか30分宅建合格プログラム!詳細はコチラ



昨年は初挑戦で、市販の参考書と問題集を購入して
3か月くらい1日1~2時間やっていましたが、
範囲が広くて馴染みのない分野はどうにも忘れるほうが早くて、
遠く及ばず29点の惨敗でした。

今年も仕事や家庭の事情で通学は無理ですし、
高額な通信講座も手が出ず、でも昨年同様の方法では受かる気がせず、
出費も抑えたいと甘い考えで、都合よくできそうな教材をWEBや
本屋の冊子などで物色していて、
「1日わずか30分宅建合格プログラム」にたどり着きました。

よいことしか書かれていない体験談は、
失礼ながら胡散臭さを感じつつ、まあ騙されてもいいや、
と半分賭けで選んだのが本当のところです。

でも、受からなかった返金をうたう以上、
正しい取り組み方法で望めば、きっと成功に結びつくだろうと、
教材が届いた後は信じて始めました。

教材は、学習を始める前に進め方や計画を立てる考え方について、
テキストとは別に冊子があり、とても詳しく書かれていて
(=藤本先生のノウハウ)、今までのやり方と違って、
まずこれ自体が勉強になります。

このまま実行するのは難しいと思えば、
自分用にアレンジすればよく、
そのポイントについても指導を頂けました。

この資料は、進めるうちに悩んだときや、試験直前にも読み返しました。

学習時間は、車通勤なので移動中の時間が使えないハンデがあるものの、
仕事の合間の休憩時間や昼休みの細切れを寄せ集めて
30分~1時間程度をどうにか確保しましたが、
仕事が立て込んだときはまったく出来ない日もあってやきもきしました。

家庭では、小さい子供がいるため帰宅後は
子供の面倒を見るのが優先で、ほとんど学習時間は取れず、
寝る前に30分程度できればよい状態でした。

週末も2時間は確保する計画でしたが、
買い物や子守で挽回できませんでした。

しかしながら、家族旅行などでは
過去問題を小さく印刷して持参して一人になった
数分間を無駄にしないようにしたり、
買い物や催し物に出かける時なども、
欠かさず持ち歩いて駐車場や入口の順番待ち等では、
1問でも1肢でも稼ぐようにしました。

家族に見られたら嫌な顔をしていましたが、
そうでもしないと毎日続けるのは難しく、
宅建脳(っていうのかな?)が維持できません。

これでも計画したときの半分くらいの進行速度で、
とても終わる気がせず毎回のメールサポートは弱音を並べていましたが、
単に疑問点の解消だけでなく、勉強方法や時間の作り方まで
ご助言いただき、挫折せずに進めてこれました。

メールサポートでは、試験に不要なことは、はっきりと要らない、
重箱の隅の知識は後でよい、と言ってもらえるので、
興味があっても後回しにして割り切ることができて、
やるべきことが限定でき、かなり楽になりました。

単純な数字や言葉の暗記もの、法律用語の特殊な言い回し、
細かな表や条件など苦手だらけでしたが、語呂合わせや、
並びの特徴、ココだけ抑えましょうとレベルに合わせて
やさしく上手く教えていただけたのはとても助かりました。

バインダーに綴じたテキストは、
最初はなんだか安っぽい感じがしましたが、
ここ数日に必要な部分だけ取り外して、
薄いファイルに移して持ち歩けるので、
分厚い本より効果的、実用性重視でよかったと思います。

文字ベースの図は、若干わかりづらい時があったり、
理解しにくい表現など疑問に感じても、素早い返信で
平易な表現によって不便はすぐに解消されました。

会員専用WEBで提供される過去問題は、
適度に解説がついていて、テキストに戻って復習したり、
苦手分野の整理もできて便利でした。

適時に追加される試験関連情報も、大変参考になりました。

これら適切な配慮が施された教材によって、
試験間際は追いつかなくなってきたものの、
問題の特徴や慣れない表現にも馴染みが出てきて、
どうにか合格にたどりつきました。

とは言うものの、直前期に多忙が重なり自己採点では通常では不可の33点。

今すぐ必要ではなく将来の保険のつもりだからと、すっかり諦めていましたが、
問題構成のせいか合格ラインが下がってぎりぎり引っかかりました。

合格発表の日、見る気もなかったので受験番号も控えずに出勤したら、
家から書留が届いたと連絡があって驚きました、信じられませんでした。

でも、帰宅して郵便を確認するまで黙っていようと思っていたのに、
気持ちを抑えきれずに、知人や仲間に連絡してしまいました。

おかれた環境や努力不足に嘆いていたのに、合格できて本当に驚きました。

もはやその必要がなくなりましたが、ここまで手厚い配慮があると、
返金請求などしようとは思えなくなります。

本教材を選び、藤本先生にお世話になって正解でした。

迷っている方、2度目以上の方には、特にお勧めできる内容です。

何処よりも高い合格率ではないかと思います。皆さんも続いてください。

1日わずか30分宅建合格プログラム!詳細はコチラ



宅建試験はじめての挑戦で、合格できました。
勉強をはじめたのは6月で4か月の期間でしたが、
初めは間に合わなければ来年でもいいや位の気持ちでした。

今まで宅建とは無縁だったため、
当然のことながら、最初はよく理解できませんでした。

また、このままで合格なんてできるのかと不安になり、
あきらめかけた時期もありました。

でも、「宅建合格マニュアル」に記されている

①短時間でも毎日継続して勉強する
②不要な知識は勉強しない
③重要項目の反復学習

など、合格するための勉強法を信じて、
なんとか試験まで気持ちを維持し継続できました。

この教材は、テキストも充実していると思いますが、
マニュアルの受験者の精神的な部分が
適格に把握された合理的な勉強法が、
私自身には非常に役立ち、支えになりました。

これが、合格できた一番の要因だったと思います。

「1日わずか30分宅建合格プログラム」はその名の通り、
短時間で効率良く勉強できる教材かと思います。

教材にも好みはあるかと思いますが、仕事をしながら
限られた時間で勉強をし合格を目指す人にはお勧めの教材です。

本当にありがとうございました!


1日わずか30分宅建合格プログラム!詳細はコチラ


宅建に合格すれば人生がエキサイティングになる!

英会話が出来れば人生がエキサイティングになる!
リスニング力アップ Yuki式英会話勉強法
で英会話をマスターし
海外で仕事もレジャーもエンジョイしよう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

藤本修の宅建試験合格勉強法 [宅建試験合格勉強法のコツ]





1日わずか30分宅建合格プログラム!詳細はコチラ






藤本修の宅建合格プログラムは

宅建試験に合格することだけに特化した

効率的な宅建試験合格の独学勉強法です。




1日わずか30分宅建合格プログラム!詳細はコチラ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

宅建試験合格勉強法のコツ [宅建試験合格勉強法のコツ]

宅建試験合格 藤本修の独学勉強法




宅建合格術
1日わずか30分の宅建資格試験独学勉強法&合格テキスト
宅建試験合格 藤本修の宅建勉強法は、
1日わずか30分の独学で宅建試験に合格する
宅建試験合格プログラムです。



takken.jpg


藤本修の宅建独学勉強法!豪華特典付はコチラ


『1日30分~?そんな美味しい話あるわけないだろ』

そう思われていることでしょう。 それでは さらにうさんくさいお話をしましょう(笑) このマニュアルで勉強すると一般的にどの資格スクールや通信講座の内容を見ても、初学者(初めて宅建を勉強する人)の必要学習時間は最低でも100~120時間必要だと言われています。

しかしこのマニュアルを習得し、合格するのに必要な勉強時間は60時間、およそ半分です。 なぜ他の大手スクールなどの半分で良いのでしょうか。

はっきり言います。

大手資格スクールで必要とされているような勉強量は合格のために必要ではありません。 実際はその6,7割をしっかりとこなせば余裕を持って受かるのです。

そして知識をインプットする勉強を辞め、最初からアウトプットに慣れる練習をすることで 合格率はさらに高まります。

知識として「わかった」となることは日本の教育上大切だとされています。 しかし、点数を取る上、合格する上でそれは必要ありません。

重要な部分は基本的に何も変わりません。毎年私が“すり替え”と呼んでいる
「問題の一部だけをすり替えている問題が非常に多い」のです。

そのすり替えられるポイントと学習の仕方などをこの宅建合格マニュアルではお伝えしています。





藤本修の宅建独学勉強法!豪華特典付はコチラ






行政書士試験短期合格術
行政書士試験短期合格術
資格情報
社会福祉士 資格試験

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
宅建試験合格勉強法のコツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます